the onishimemo

テトリス99が面白い

2月14日にSwitchで配信開始された「TETRIS 99」がめちゃくちゃ面白い。

もともとパズルゲームは苦手で敬遠してたんだけど、テトリス99は技術だけでなく戦略と運で戦況が左右される。下手でも運次第で勝てるのが楽しい。1プレイの時間が短いのも良い。

テトリス99は、ざっくりいうと、99人でテトリスをやってバトルロワイヤルするゲーム。

画面はこんな感じ。周りにならんでいるのは他のユーザーの画面。右上が次に降ってくるテトリミノ。ミノは1つだけホールドしておくことができる。ホールドしているミノは左上に表示される。

テトリス99では、列を消すことで他のユーザーを攻撃することができ、KOさせると「バッジ」を手に入れられる(たぶん)。攻撃を食らうと、下にグレーのブロックが積み上がっていく。

誰を攻撃するかは画面上部の戦略で選ぶ。
戦略は、「とどめうち」「バッジねらい」「カウンター」「ランダム」の4種類。

  • 「ランダム」:ランダムに攻撃する。
  • 「とどめうち」:死にかけてるユーザーを攻撃。上のスクリーンショットではとどめうちを選んでいる。画面が赤くなっているのが死にかけのユーザー。
  • 「カウンター」:自分を狙ってるユーザーを攻撃。
  • 「バッジねらい」:バッジを持っているユーザーを攻撃。

画面の右下に表示されている矢印みたいなのが「バッジ」。
バッジを多く持っていると攻撃力が上がる。バッジ持ちをKOすると、そのユーザーが持っていたバッジを奪える。

開幕してすぐにめちゃくちゃ狙われた。私にはやられたらやり返すの精神が根付いているので、狙われたらすかさずカウンターに切り替える。

自分を狙っている人数が多いと攻撃力が上がるらしい。2列くらいしか消していないのに、ダメージは8。この8が分散されてるのか全員に8ずつ与えているのかは知らない。こまけぇこたいいんだよ。

ピンチになると赤い画面になって「とどめうち」の標的になる。上のスクショは、とどめうちで狙っていた相手から逆に狙われている。やられたらやり返すの精神がここにも根付いていたようだ。

下手な私でも運さえ良ければ上位までいける。この時は全然KOできていないので(自分がKOした相手は金色になる)、多分最後の方まで存在に気づかれず攻撃を受けなかったため生き延びたんだと思う。そんな勝ち方で嬉しいのか?嬉しい。

テトリス99の配信を知ったとき、正直「今更テトリス?」と思った。まさかバトロワ要素が加わるだけでここまで面白くなるとは…。任天堂の枯れた技術の水平思考を改めて見せつけられた気がした。

/