the onishimemo

Switch「ゾンビーズマンション」が面白い

久々にニンテンドーeショップを見ていたら、こんなゲームを発見。

ゾンビーズマンション。ホラー系パズルゲームのようだ。

しかし、3/28とつい最近発売されたにも関わらず、価格は17%オフの480円(2019/04/10まで)。発売早々何故こんなに値下げを…?と不安に似た疑問を抱きつつもゾンビものは好きだし、この値段なら失敗してもいいやということで購入してみた。

タイトル画面はこんな感じ。オプションではサウンドと言語(英語or日本語)の設定ができる。

スタートするとステージ選択画面に。最初はステージ1しか選べない。クリアすると次のステージがアンロックされる方式。ステージ数は全部で7つ。

ステージは7つあるけど、やることは全て同じ。ゾンビが蠢く建物内でエレベーターを操作し、生存者を脱出階へ運ぶ。

生存者はエレベーターホールをめがけて走ってくるので、監視カメラで確認しながら生存者がいる階にエレベーターを動かすと、

こうやって生存者が駆け込んでくる。

スクショに撮り忘れたけど、無事エレベーターへ乗り込むと「ヒャッホー!」みたいな感じでオーバーリアクション気味に喜ぶ。(ゾンビの脅威から逃れたんだからオーバーでもないんだろうけど)

で、脱出階へ連れて行くと、勝鬨をあげながらすごい勢いで飛び出していく。

何もかもシュール過ぎて、初見はめちゃくちゃ笑ってしまった。海外ゲームみたいなノリだなと思っていたら、制作したのはダブルドライブという札幌の会社らしい。尖ったセンスだ。

ステージ1を初めてプレイした結果はBだった。

ここで「狂気」という評価項目が目に止まる。もしかしてエレベーターでわざとゾンビを運んで街にパニックを引き起こしたりできるのかしら…と思ったけど、

待てど暮らせどゾンビはエレベーターに乗って来ない。エレベーターの中は安全地帯のようだ。

あとで評価の詳細が見られることに気付き、「狂気」について確認してみたところ、生存者を避難させずに放置したら狂気度が上がるらしい。

つまり、こういうことをしていると狂気が上がるみたい。上のスクリーンショットは狙ってやっているけど、普通に失敗しても狂気と判定されてしまうのはちょっと残念だった。

エレベーターなのでもちろん定員がある。10人以上乗ろうとするとブザーが鳴る。これは評価の「効率」に関わる。
最初の方のステージで定員オーバーすることは滅多にないけど、後半は人数が増えるので、いかに効率的に脱出階へ連れて行くかを考えなければならない。

すぐ飽きてしまうかも?と思ったけど、どっぷりとハマって全ステージでSランクを取るまでやりこんでしまった。これはぜひ追加ステージをリリースして欲しいところ。

以下はSランクを取るときの手順です。ステージ4以降は苦労しました。どなたかの参考になれば。

書いている数字は停止する階、カッコの中は乗り込んでくる人数です。(1人の場合は省略)
ドアの前にいない、カッコの人数が乗ってこない場合はドアを開けっ放しで待機してください。基本的に目的の階について扉が開くと同時に次の目的の階を連打して操作しています。

ステージ1

3 5 3 2 1
4 5 2 5(2) 3 1
「残り8人」
4 2 5 2 4 3 5 3

生存者がいるのは2階〜5階。脱出階は1階。
監視カメラを見て走ってくる人が見えたらエレベーターを動かす、というやり方で余裕で間に合う。

ステージ2

2 3 4 2 5 3 1
4 3 2 5 3 2 1
「残り12人」
3 4 2 5 3 4 1
2 5 4 5

生存者がいるのは2階〜5階。脱出階は1階。
このステージも監視カメラを見ながらで十分に間に合う。

ステージ3

3 B1 B2 B1(2/待) 2 3 1
B2 2(2) B1 3(3/なかなか揃わないけど開けて待つ) 1
B1 B2(2) 3 B2(2/待) 2 1
「残り7人」
B1 2 3 2(待) B1(2) 3

地下階があるステージ。脱出階は1階。
「待」と書いているところは、エレベーターを迅速に動かしていた場合、なかなか生存者がやって来ない。来るまで扉を開けて待っておく。

ステージ4

2 4(2) 1 4 1 2 4(待) R
4 3(2) 2(待) B1
「残り18人」
1(待) 2(2) 3 4(2) R
2 3(待) 2(待) 4 1 3(待) 4(待) 2 B1
「あと4人」
3 1 3(2)

生存者がいるのは1階〜4階。脱出階が地下1階と屋上の2箇所ある。
全階に同時に生存者が出現するのが難関ポイント。

ステージ5

2 3 4 1 2 3 4 R
5(2) 4(2) 1 3(2) 5 R
「残り20人」
1(3) 2(3) 4 R
2(待) 1(待) 5 3 1(2) 2 4(2) R
「残り4人」
3 5(2) 2

生存者がいるのは1階〜5階。脱出階は地下1階と屋上。

このステージから這いずりゾンビが出現する。這いずりゾンビは動きが速く数も多いため、生存者はすぐに襲われてしまう。そのため、這いずりゾンビがいる階に生存者が出現した場合はすぐに救出に向かう必要がある。

ステージ6

B2 3 4 2(2) 3 4 R
2 1(2) B2 1 B1(2) 3(2) R
「残り34人」
4(2) 2 3(2) 2 4 B1(2) B3
B2(3) 1 2 4(2) B1(2) B3
「残り16人」
B2(2) 3 1(2) B1(待/2) 1(2) B3
「残り7人」
B2 2(2) 3 4(3)

生存者がいるのは地下2階〜4階。脱出階は地下3階と屋上。這いずりゾンビは地下1階にいる。

ステージ7

2 3 4 6 7(2) 6 5(2) B1
1 2 3(2) 4(2) 1 7(2) R
「残り47人」
6 4 3 2(2) 5(2) 3 B1
1(2) 2(2) 4(3) 6(2) R
「残り30人」
7(3) 4 7(2) 5(2) 2 B1
1 3(2) 2 4 6 5(2) 7 R
7(2) 6(2) 4(2) 3(2) B1
「あと4人」
1(2) 2(2)

生存者がいるのは1階〜7階。脱出階は地下1階と屋上。這いずりゾンビは5階。
全体の人数と階数だけでなく、同時に乗り込もうとする人数と同時に出現する階が多い。
中盤、ほとんどのフロアで2人以上の生存者が出現するところはこのゲームの最難関。少しでもエレベーターの操作をミスすると失敗するので注意。

/